サウジアラビア向けポリエチレンプラントプロジェクトを連続受注2001年3月28日

サウジアラビア向けポリエチレンプラントプロジェクトを連続受注
-世界最大級のポリエチレンプラントプロジェクト -

東洋エンジニアリング株式会社(TEC、取締役社長 広瀬 俊彦)は、三井物産株式会社の協力を得て、サウジアラビアでのArabian Petrochemical Company(PETROKEMYA)〔サウジアラビア基礎産業公社 SABIC(Saudi Arabian Basic Industries Corporation)の子会社〕が、同国東海岸に位置するアルジュベール工業地区に計画を進めていたポリエチレンプラントの追加増設工事に関し、この程合意に達し、正式に受注しました。

今回の増設プロジェクトは、同顧客より本年1月に受注したプラントと同じ生産能力を持つ年産400,000 トンのポリエチレンプラントを建設し、合計800,000 トンとするもので、ポリエチレンプラントとしては世界最大級となります。 TECの役務範囲は、設計、機器資材の調達および工事までの一括請負いであり、プラントの完成予定は2003年中頃となっております。

本受注は、同国向けに昨年完工したEO・EGプラント建設での円滑なプロジェクト遂行実績および昨年8月に受注し、同工業地区内にて現在遂行中の National Chemical Fertilizer Co.(NCFC)向けアンモニアプラントの能力増強プロジェクトを順調に進めていることに加え、先行プラント受注にいたる経過でのTECの技術・プロジェクト遂行能力に対する信頼感が深まったことが今回の契約に結びついたといえます。

TECは今後ともサウジアラビア、イラン、エジプトをはじめとする中東地域でのさらなる受注を目指して、積極的な営業活動を展開していきます。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム