ブラジル向けガス処理設備拡張プロジェクトを契約2007年4月9日

東洋エンジニアリング株式会社(取締役社長 山田 豊)は、ブラジルのエンジニアリング会社セタール社(SETAL ÓLEO E GÁS S.A.)と共同でブラジル石油公社(ペトロブラス)からガス処理設備拡張プロジェクトを受注いたしました。

本プロジェクトは、ペトロブラスの国産ガス安定供給計画(PLANGAS)の一環として、カンポス湾ガス田からのガスを処理するカビウナスガス処理施設とデュケデカシアス製油所(略称REDUC)内ガス処理設備を増強するためのものです。

東洋エンジニアリングとセタール社は、1999年にカビウナスガス処理プラントを共同で受注して成功裏に納めた実績があり、今回の受注はペトロブラスがその実績を評価したものです。

東洋エンジニアリングは1996年からペトロブラスからプロジェクトを継続して受注してきており、現在もアルベルト・パスカリーニ製油所(略称REFAP)近代化プロジェクト、ヘヴァッピ製油所(略称REVAP)近代化プロジェクト、他2件のガスパイプラインプロジェクトが進行中です。

受注概要

客先 ブラジル石油公社(ペトロブラス) Petróleo Brasileiro S.A. (PETROBRAS)
受注者 東洋エンジニアリング、セタール共同企業体
建設地 カビウナスガス処理施設 カビウナス、リオデジャネイロ州
REDUC製油所 デュケデカシアス、リオデジャネイロ州
設備
【カビウナス】
  • 液化ガス回収ユニット (5.4MM m3/d)
  • 硫化水素除去ユニット
  • 製品貯蔵タンク等付帯設備
【REDUC】
  • 液化ガス分離ユニット (5,280 m3/d)
  • 二酸化炭素除去ユニット
  • 製品貯蔵タンク等付帯設備
役務 設計、調達、工事、運転助勢
契約 ランプサム
納期 2009年第一四半期
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム