TEC、ブラジル向け製油所近代化プロジェクトを受注2001年3月12日

TEC、ブラジル向け製油所近代化プロジェクトを受注
- PETROBRAS向け大型製油所プロジェクト -

東洋エンジニアリング株式会社(TEC、取締役社長 広瀬 俊彦)は、日商岩井株式会社(取締役社長 安武 史郎)の協力を得て、ブラジル石油公社(PETROBRAS、本社:リオデジャネイロ)が、ブラジル南部に位置するリオ・グランデ・ドスル州・REFAP製油所に計画を進めている残油流動接触分解装置(RFCC:44,000 BPSD)、軽油深度脱硫装置(HDT:25,000 BPSD)、重質油熱分解装置(コーカー:12,600 BPSD)およびその用役設備、付帯設備を含む製油所大型近代化プロジェクト計画の商談を進めていましたが、この程合意に達し、正式に契約調印しました。

TECの役務範囲は、基本設計以降の詳細設計および機器資材の調達であり、本プロジェクト計画投資額約700億円の内、今回の契約金額は約350億円、プラントの完成予定は2003年第4四半期となっております。なお、本プロジェクトの資金には国際協力銀行のバイヤーズクレジットが適用される予定です。

TECは本プロジェクトのFEED(基本設計)業務を1999年12月に受注しており、2000年5月に同業務を完了、引き続き商談を進めていたものです。また、今回のプロジェクトに含まれている残油流動接触分解装置(RFCC)は世界最大級の処理能力を誇るものであり、PETROBRAS向けでは2基目の受注となります。またTECは、2000年10月にも欧米の一流コントラクターと競合の末、米国トスコ社(Tosco Corporation)より流動接触分解装置(FCC)を受注するなど、同分野においては世界的に豊富な実績を有しています。

TECは、1998年7月に現地法人トーヨー・ド・ブラジル・リミターダ(Toyo do Brasil Ltda.、本社:リオデジャネイロ)を設立し、ブラジルにおいて積極的な営業活動を展開してきました。ここ数年でブラジル国内において、4つのガス・石油関連大型プロジェクトを含むPETROBRAS向け案件を数多く受注してきています。TECに対するPETROBRASの評価は非常に高く、今回のプロジェクトにおいても更なる客先の信頼向上を目指し、円滑なプロジェクト遂行を行なっていくとともに、今後ブラジルおよび中南米マーケットへの取り組みをさらに強化していきます。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム