海外進出支援

事業概要

企業は競争力強化のためにグローバル経営を強く意識し、自国以外で生産拠点を増加させる姿勢を強めています。
東洋エンジニアリングの海外進出支援ビジネスは、主に日系企業・欧米系企業の海外生産拠点作りを総合的にお手伝いします。

当社はこれまでヨーロッパ・北米・アジアなど多くの国々にて日系企業・欧米系企業の海外生産設備建設を支援してきました。その分野は化学、ファインケミカル、自動車、機械、金属、電子など多岐にわたり、お客様のニーズに合わせて対象地域や業種も拡大しています。

EPCコントラクターとしての経験を基に、フィージビリティスタディから立地選定、各種調査、設計・調達・工事に至るまでの幅広いサービスを、世界各拠点と連携してお客様に提供致しております。日系企業の海外進出支援の豊富な実績を有する東洋エンジニアリングにお気軽にご相談下さい。

実績

東洋エンジニアリングでは、海外に初めて生産拠点を建設されるお客様から、既に海外に生産拠点をお持ちのお客様まで、安心して相談して頂ける環境を整えております。
F/S段階から立地選定段階においては、海外拠点から収集した最新の投資環境や税制・法規等を基にお客様の検討のサポートが可能です。
また設計から建設までの段階においては、お客様の戦略と品質・コスト・スケジュールにおける意向を重視し、建設国・地域の当社海外拠点との綿密なコンタクトの上、ステージごとに実行主体を変えながらプロジェクトを遂行する体制を整えております。
それでは具体的な進出支援サービスについて、進出先としての地域別にご紹介致します。

ASEAN進出支援サービス

当社は1960年代後半からASEAN地域でのプラント建設に際し培った、ローカル企業のマネージメント、ノウハウ流失対策、日本語でのサポート等、各国共通の留意点および各国の特性に合わせた経験にてお客様の海外進出を強力にサポートした実績があり、お客様のニーズに合わせ、円滑な生産設備建設を確実に遂行致します。ASEAN各国に立地する東洋エンジニアリングの現地EPC拠点からは、現地の法規・規制・マーケット環境をスピーディーに提供し、お客様のプロジェクトをコスト面と品質面から強力にサポート致します。

北米進出支援サービス

当社は1960年代より北米地域のプラント建設実績があります。肥料分野の設計業務からEPC業務へと領域を広げ、80年代からは日系企業のお客様の生産設備建設工事も支援して参りました。慣れない商慣習や契約文化等により、設備建設が他地域に比べて難しい北米地域においても、東洋エンジニアリングは各北米拠点(米国・カナダ・メキシコ)と連携してプロジェクトを遂行して参ります。

中国進出支援サービス

当社は1972年の日中国交回復以降の多くのEPC遂行実績から、外資系EPC企業としてトップクラスの実力と経験を有するとの評価をいただいております。
中国でEPCを営むに必要不可欠な設計・工事資質(ライセンス)を有する弊社現地子会社は、魅力あるコストでの機器の現地調達等にてお客様のコストの要求に応えるだけでなく、日系・欧米系のお客様からの厳しい品質要求にも応えてPMC(プロジェクトマネジメント契約)からEPC(設計・調達・建設)一括までご要望にあったソリューションを提供します。
また、約20の主要経済開発区との協力協定をベースにお客様の立地先選定からプロジェクト実施時の各種支援まで、プロジェクト初期段階におけるサポートも可能です。

その他の地域における海外進出支援サービス

上記以外の地域にも、TOYOはインド・ヨーロッパ・中東/アフリカ・南米など世界各国で多数の建設実績があります。
TOYOは、17か国に広がるTOYO関連会社・海外事務所のネットワークと長年の経験を通じ、建設国、ベンダー、工事業者等の状況に応じて最適なフォーメーションで、お客様の海外生産設備建設の成功をお約束致します。

TOYOが提供する海外進出支援サービスの一例

TOYOの海外進出支援サービスは、お客様の海外工場建設を通じてお客様のグローバリゼーション化を全面支援し、例えば下記のような問題に対し的確なサービスを提供致します。

  • 建設国、建設予定地選定支援
  • 海外法規・規格の知見に基づく官庁申請支援及び官庁折衝支援
  • 機器の海外調達/現地調達及び現地の設計/工事業者起用によるコスト最小化
  • 世界的標準に沿ったプロジェクトマネジメント
海外進出支援に関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム