エネルギー

事業概要

21世紀になって以来、石油をはじめとしてエネルギー価格の高騰が続いています。
背景には、世界の人口増加と経済成長に伴う需要の増加があり、有限資源である化石燃料を巡る状況はより深刻な課題になりつつあります。エンジニアリング会社としての長年培ってきた知恵と経験に基づき東洋エンジニアリングは、省エネルギー化はもとより、環境と調和したエネルギーの有効利用、新規資源開発、代替エネルギーの開発など、課題の克服への努力を続けています。

事業内容

東洋エンジニアリングは日本国内も含め世界各国で、LPG・NGL・LNGなどのガス田開発やガス処理設備からパイプライン、受入・貯蔵・払出設備の建設まで、数多くの天然ガス関連のプロジェクトを遂行しています。特にLNG分野においては、天然ガス処理設備や受入・貯蔵・払出設備に加え、最近ではLNG液化設備も手がけるなど、井戸元から製品の貯蔵・払出に至るまで、あらゆる天然ガス関連プロジェクトに対応しています。またDME・GTLなどの新エネルギー分野での積極的な展開を図り、世界初の燃料用DME製造設備の建設も手がけています。

合成ガス製造技術から次世代エネルギー技術へ

東洋エンジニアリングは今日まで、アンモニアおよびメタノールプラント、水素プラントなど、ナフサ・天然ガス、さらには残渣油までの多様な原料を改質し、水素や合成ガスを製造するプラントについて100件を超える建設・改造実績を有しています。こうした建設実績から高性能水蒸気改質(スチームリフォーミング)炉など、効率的な合成ガス製造技術を培ってきました。また、大型メタノールプラントに適した独自の合成反応器「MRF-Z®の自社開発にも成功。天然ガスの新しい利用形態として注目されているDMEやGTLなどの新エネルギー分野でも、こうした大規模合成ガス製造技術が活かされています。

商品フロー図:ガス・パイプライン・新エネルギー

商品フロー図:ガス・パイプライン・新エネルギー

※MRF-Zは東洋エンジニアリング株式会社の日本における登録商標です。

エネルギー向けプロダクトライン

産出国での設備だけでなく、消費国で必要な、LNGの受け入れターミナル、再ガス化設備の建設にも参加しています。
GTLは、パイプラインやLNGに続くガスの市場供給手段として注目され、中小規模ガス田のための新しいプロセス開発にも取り組んでいます。
DMEはSOxや煤を生成しないクリーンで安全な燃料です。東洋エンジニアリングは独自の高信頼性プロセスを提供しています。
埋蔵量が豊富な石炭をガス化することにより、クリーンエネルギーとして、また化学製品の原料としての有効利用を図ります。
天然ガスやLNGからエタンやLPGを高効率で回収する技術です。
二酸化炭素や硫化水素などを酸性ガスと呼びます。天然ガス処理や石油精製、石油化学、肥料プラントなどで、酸性ガスを分離するプロセスが必要とされています。
産業や生活に必要なガスや石油等のエネルギーを輸送する手段として多くのパイプラインの建設を行っています。パイプライン敷設だけでなく関連設備の設計から工事管理まですべてのサービスを提供します。
エネルギーに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム